最期の晴れ舞台

諏訪部順一さんを応援してやまない「謎の新ユニットSTA☆MEN」「PHERO☆MEN」箱推しLOVERS(生粋の腐属性女)が好き勝手に残す備忘録

フェロ☆メン AnGeL fAlL DVD発売記念 プレミアムイベント

f:id:alice1568:20181127013457j:plain

遅くなりましたが。

去る11月18日、15:30回(当時は2回まわしだと思ってたんですが1回まわしでした)のプレイベにありがたくも当選させていただけたので行ってきました。

他に参加した方のレポがもう既に多数(?)あがっているかと思うので完全に私個人の備忘録です・・・ご了承ください。

 

冒頭の舞台上の写真は

「開演前までなら写真撮影OKです」とアナウンスされていたものです。

イベント開始後の撮影は当然の如くNG。

身分証確認が終了し、ホールに入る前にマラキアとパクスの衣装が展示してありました。

f:id:alice1568:20181127014325j:plain

かなり作り込まれていて感動・・・先日VOICARIONⅢの衣装展示もやってましたがこれも是非もっと多くの方に見てもらうべきかと。。

素晴らしかったしパクスのレースタイめっちゃゴージャスだった。

 

・開演前からずっと会場内に流れ続けるAnGeL fAIL(黒貴族から歌い出しversion)。全然気にしてなかったんだけど(赤貴族から歌い出すversionと交互かな?なんて)ALL黒貴族からのほうのversionでした。

 

・お手洗い混雑につき開演5分押し。押します~とリアルタイムで報告してくださる諏訪部さん。優しい。

 

・登場時からずっと立ちっぱなしでフリトしてくださるフェロ☆メン。立ち位置はいつものフェロ☆メン同様、向かって左に鳥海さん、右に諏訪部さんですね。お、お座りください・・・と思いつつ結局ずっと立ちっぱなしでのトークでした。

 

・諏訪部さんお手元に進行台本?と思いきや舞台中の場面写がプリントしてあるやつ。トーク中に場面写が紹介されるわけですがそれの一覧的なやつ。

 

・ドットイメージはこんな感じでしたとかドットイメージがミラーのまわりに配置されてるやつについても説明してくださったり(天使の瞳の色を表してたアレ)。諏訪部さんも色々調整に関して「ここはもう少し増やして・・・」とかご要望を出して演出されたそうです。

 

・煙と炎は相当熱い。まみりんと井上さんとゆうきゃんは本当に熱かったと思いますねぇ・・・とどこか他人事のように振り返るお二人がお茶目すぎてwwww

 

・場面写を見ながらマラキアとパクスの立ち位置について何故ここ(上段)になったか経緯を教えてくださる諏訪部さん。曰く、どうしたらどの席からも不公平を感じずに見てもらえるかを考えた結果、上段に落ち着いたと。アンフィは360°に近いステージなので、席によっては背中しか見えないとか(特に井上さんとゆうきゃんの位置)になってしまうが、上段なら見てもらえるだろう、と。どこまでもファンのこと、LOVERSのことを考えてくださる諏訪部さんには感謝しかありません・・・。。(拝)

 

・場面写紹介でゆうきゃんが写っている写真が写り込むたび、「心霊写真じゃないですよ」とフォロー(?)を入れる諏訪部さんww 扱いがZAIのときと然程変わってないのが謎の新ユニットSTA☆MEN時代から拝見させてもらってる身としてはたまらなかったです。 (のちに鳥海さんからも「毒手」発言あり!!!!! いやもう本当に感謝・・・母体はやはりSTA☆MENですからね・・・あれがなければフェロ☆メン自体も世に出ていなかったかもしれない・・・と思うと感慨深すぎる)

 

・ここまでのトーク、さすがフェロ☆メンのブレーン諏訪部さんがほぼ喋りっぱなし。フェロ☆メンの心臓である鳥海さんは「ええ」「そうですね」「うんうん」と頷きまくり。→痺れを切らしたのか?諏訪部さん「鳥海さんは頷く係ではないです(よ)!!!」ww 喋ってほしかったんですねw そりゃそうだww

 

・完成した舞台を見たときいかがでした?→鳥海さん「(中略)いい意味で引きましたし、すごいところに来てしまったんだな、と・・・」

 

・当日の衣装について。諏訪部さんの衣装は羽根が散りばめられた柄シャツ。「このイベント限定ですね~」的なニュアンスで。嬉しいですね・・・お似合いだったので今後もどこかでお召しになっていただきたい。「フェロ☆メンカラーですよ~~」と堂々と仰る鳥海さんに草不可避wwwww(黒いパーカーに赤い文字でNYC=ニューヨークシティww)靴にも赤貴族カラー入ってますよ!と足をあげてアピールする鳥海さんかわいすぎて・・・尊い・・・・・・。。。。

 

・ご自身のスマホをパンツの後ろポケット?から取り出す諏訪部さん。Face IDが反応しない!!ということで頑張るわけですが鳥海さんからフェロ☆メンならではの突っ込み。→「世を忍ぶ仮の姿だからじゃないですかねww(フェロ☆メンに関してはメイクを施した黒貴族・赤貴族の姿・顔面が本来の姿であるため)」

 

トークがひとしきり終わり、村中さんとtatsuyaさん登場。劇中で披露されたアレンジversionを数曲、生演奏してくださいました。最高か・・・。。ありがとうございました。(拝)

 

・そのあとに再び登場フェロ☆メン。AnGeL fAIL生歌披露。(感謝しかない)いや正直歌ってくださるだろうとは思ってましたが実際聴くと震えました。諏訪部さんの感情の込め方が半端なくてうるっときましたね。

 

・そんでもって握手のターン。ロンハ―の公録よろしく、てっきり舞台上にあがらされて流れ作業的に次々握手なのかと思いきや、スタッフさんのひと言で一気にテンションがおかしくなるLOVERSたち。

スタッフさん「おひとりずつブースへご案内いたしますので、次の方は心の準備をしておいてくださいね~♪」

LOVERSたち「?!?!??!?!?!?!?!?!?!?!?」

ひ、ひとりずつ・・・????????フェロ☆メンのお二人がいるブースにぶっ込まれる??????「ガチ懺悔室」と呟いていらっしゃる方がいて、その通りすぎるわ・・・と思いました。。

 

・そしてまわってくる、数秒の懺悔室ターン。妙に落ち着いている自分もいつつテンパってんでしょうね・・「失礼します・・・」と恐る恐るブースへ入る自分(最終面接だか死刑執行だかに臨むような気持ち)。

 

・先に待ち構えてくださっていたのは赤貴族こと鳥海さん。差し出した右手を、両手で優しく包み込んでくださる鳥さん(顔面の距離およそ30cm)なんですが、これがめっちゃくちゃあたたかい。隣で諏訪部さんがその様子を見守ってくださってるわけですが、にこにこしてて可愛いが過ぎる・・・。。ありがとうございました、と頭を下げる私に合わせて一緒に頭を下げてくださる鳥海さん。やっさしい。あったかい。やわらかい。かわいい()。

 

・諏訪部さんも両手でぎゅっと握ってくださり(カイロか??と思うほどの温かさ&やわらかさ)、ありがとうございました、と。私も同じ言葉を返すわけですが、「またよろしくお願いします」「気を付けてお帰りください」と良すぎる声で仰ってくださり、ご自身も相当お忙しくて大変なはずなのにこちらを気遣ってくださる諏訪部さんがどこまでも紳士でした。本当は「お身体大事にしてください」とか「STA☆MENの活動再開いつまでもお待ちしてます」とか伝えたいことはそれこそ山ほどあったのですが時間の都合上叶わずだったので次回のお手紙にしたためよう・・・と思った次第。

 

・私より先に握手を終えた方々が「いい匂いした~」とか呟いてらっしゃいましたが、私の嗅覚は仕事をしませんでした。匂いとか覚えてねぇ・・・私の嗅覚完全にしんでました。。残念;;;

 

人生であとにもさきにもこんな素晴らしい経験はないのではないか・・・というスペシャルなイベントでした。

STA☆MEN時代から微力ながら応援はさせていただいていて超人決定戦やエガヲの円盤リリイベなんかにも過去参加させていただいたわけですが、STA☆MEN関連、フェロ☆メン関連を通して、プレイベに関しては実は初めての当選でして。

プレイベって本当にプレミアムなんだなぁ・・・と実感。

本当にありがとうございました。